【体験談】オムツ卒業はすっぽんぽん作戦が楽チンで一番早い!

この記事は2019年4月24日に更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

ママを悩ますオムツ卒業のこと。あれやこれやと試すけれど、すんなり行かずになかなか進まないと悩んでいませんか?かく言う筆者の私も、娘が2歳の頃にトイレトレーニングを始めましたが、半年経っても全く進まずかなり頭を悩ませた1人です。今回、そんなトイトレが全く進まなかった私の娘が、すっぽんぽん作戦によって光の早さでオムツがとれた話をまとめました。トイトレ体験談一つとして参考程度に読んでみてください。

私がトイトレで試してみたこと

娘が2歳4ヶ月の頃、私は2人目を妊娠中でした。
「今は長女にたっぷり時間を掛けてあげられるけど、赤ちゃんが生まれたらなかなかそうも行かない。お姉ちゃんになるし、そろそろオムツ卒業しなきゃ…!」と沸き起こってきた使命感に燃えていました。

それまでトイトレのことは2歳になったら〜とか2歳半くらいから始めようかな?とか、割と先延ばしにしていましたが、赤ちゃんが生まれたら毎日赤ちゃんのオムツ替え+その頃には3歳になる長女のオムツ替えのコンボは負担に感じました。オムツ卒業のタイミングでお姉ちゃん意識も芽生えさせようという目論みもあり、やっと重い腰を上げてついに娘のトイレトレーニングがスタートしました!

タイミングを見計らって誘導→気分が乗らないと断固拒否

まずは、娘がおしっこやうんちをするタイミングを見計らってトイレに連れて行くことから始めました。睡眠から起きた時や食事の後など、胃腸の働きが活発になるポイントを重点に、テレビを見ている時やお絵かきをしている時などの何気ない日常の中でトイレの気配がないか観察しました。
しかし、朝起きてすぐトイレに連れて行こうとするとなぜか大号泣の娘。仕方ないので少し時間を置くと気付けばオムツにおしっこの印が…。うんちも毎回出そうなタイミングでトイレに座らせるも頑なにせず、トイレから離脱したら即オムツにうんち、という追えば逃げるような感じで一度も成功せずに数ヶ月続いて失敗に終わりました。

トレパンを履かせてみる→ちょっと気持ち悪いオムツくらいの感覚

今度はアンパンマンのトレーニングパンツを履かせてみることにしました。ウキウキでトレパンを履いた娘に「アンパンマンのパンツ汚したら可哀想だから、トイレでしようね」と言うと「うん!」と快諾してくれました。
今までオムツでおしっこやうんちをしても何も言ってこなかったのが「おしっこ」と教えてくれるまでにはなりました!しかし、トレパン生活に慣れればオムツより少し気持ち悪く感じるパンツ程度の認識になったのか、そのうちお知らせもなくなり結局何も進歩しませんでした。

「できたねシール」で達成感を刺激→シールだけ貼りに行く始末に

よく巷で効果ある!と評判のトイレでできたらシールを貼るという作戦をしてみました。
シール好きな娘にとっては期待大で試みましたが、相変わらずトイレに座るのはいいけどトイレでするのは嫌なようでした。最終的にはトイレに座るだけでシールを貰えると思ったのか、明らかにトイレのタイミングではないのにトイレに行きたがり、座りもしないのに「シール貼りたい」と言い出す始末。トイレもせずシールだけ貼る、というもはやトイトレに一切関係ない感じになってしまったのでこれも失敗に終わりました…。

汗対策ですっぽんぽんにしてたらトイレで用を足せるように!

あの手この手でトイトレに励むも全て失敗に終わり、気付けばトイトレスタートから半年が経っていました。ネットでトイトレについて検索すると大体2〜3ヶ月で完了しているイメージがあり、さらに妊娠が臨月に突入しもうすぐ赤ちゃんが生まれるのにトイトレ完了していないという焦りを感じていました。

何をしても成果が出ないことや焦りがピークになったことで無気力状態になっていました。トイトレきっかけでマタニティブルーに…。しかし、全てが面倒になって娘にオムツを履かせるのすら億劫になった時、その行為がなぜかプラスに働いたのです!

 

ひょんなきっかけですっぽんぽんにしたらトイレ成功!

肌が弱い娘はオムツが肌にあたる部分を痒がっていたので、夏前の汗ばむこの時期限定でオムツを履かずにすっぽんぽんにしておくことしました。おしっこやうんちはタイミングみてオムツを履かせることにしましたが、トイトレ失敗続きで無気力になった私は「もう漏れたら漏れたでいいや」とタイミング無視で放置状態に。

娘はというと、涼しくて開放的なすっぽんぽん姿に何だかご満悦の様子。暑い季節だし風邪を引く心配もなかったので、裸のままにしていました。しばらくすると、急に娘が自分の股を覗き込みました。よく見るとおしっこが少し出て足に掛かっていました。その感覚が気持ち悪かったのか、凄く不満気な表情をし「おしっこ?トイレ行く?」と聞くと「うん、おしっこ」と答え、トイレに座らせるとチョロチョロチョロという音が…!

これまで頑なにトイレでするのを嫌がっていたのに、ついに初めてトイレでおしっこができました!思わず「え!?」と驚きました。この日は夜になるまですっぽんぽん姿で過ごしましたが、少し漏れることはあってもきちんとトイレで用を足すことができるようになりました。

 

少し失敗はあっても自発的にトイレへ行くように

「おしっこしたい」と自発的にトイレに行ってほぼ完璧にできるようになるまでそこまで時間はかかりませんでした。うんちだけはどうしてもオムツでしたい欲が強いようで無意識のうちに我慢するようになり、毎日快便だったのが2〜3日出ないことが続くようになりました。トイレにずっと座らせてもしないので、心配になってオムツを履かせると安心したように元気なうんちが。

なんとかトイレでもできるように、うんちの絵本を読んだりうんちの時だけトイレでYouTubeが見れる特典を付けたりして、少しずつゆっくりとトイレでうんちができるように慣らしていき、成功した時は盛大に褒めてあげました。うんちがトイレできちんとできるようになるまで1ヶ月くらい掛かりましたが、ストレスフリーで進められました◎

 

すっぽんぽんにしてから2ヶ月かけてオムツ卒業!

それからは、夜以外はオムツの必要がなくなりました。たまに失敗して漏らすこともありましたが、トイトレ始めて半年間成果ゼロだった時のことを思えば気になりませんでした。

外出先はまだ不安だったのでオムツを履かせていましたが、徐々にトレパンで近場のスーパーに行ってみたり公園に行ってみたりして慣らしていくことに。外出先での使うトイレも初めは怖がりつつも、何度かチャレンジすると慣れてきたので、お出かけする時は着替えやオムツを準備してトレパンで遠出できるまでになりました。夜間もおねしょを心配してしばらくオムツでしたが、朝起きてもオムツにおしっこをしない日が続いていたのでパンツに変えるとあっさり成功。

意図的ではなかったすっぽんぽん作戦、ゆっくりでしたが2ヶ月かけて無事オムツを卒業することができました!夏の暑い季節だからこそできた作戦なので、これがもし冬だったら未だにオムツが取れていなかったかも知れません。あの無駄に感じた半年間は何だったのか…と今でも思いますが、トイトレが進む一番の方法は本人のやる気スイッチが入るかどうかなのかな、と感じました。

まとめ

オムツは費用もかかるし使えばゴミに、トレパンは失敗すれば処理や洗濯の手間がありますが、すっぽんぽんだと手間も費用も掛らないのでエコで楽チンでした。トイトレが全然進まない!と悩んでいるママさん、どうせトイトレが進まないのならダメ元で一度すっぽんぽん作戦を試してみてはどうでしょうか?もし作戦を実行する時は、風邪を引かないように部屋を暖かくするなど対策をとってあげてくださいね。

The following two tabs change content below.
ナノマム編集部

ナノマム編集部

こんにちは!ナノマム編集部です。この記事はナノマム編集部が書きました。他にも気になる、知りたい情報などがあれば、お気軽にメッセージくださいね!お待ちしております!
ナノマム編集部

最新記事 by ナノマム編集部 (全て見る)

ナノマム弁当
ライカラ電子書籍
present
健康
お金
届出