春から始めよう♪幼稚園・保育園の子どもを持つ親に人気&オススメの習い事

この記事は2018年3月14日に更新されたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

お子さんが幼稚園・保育園に入る3・4歳。園での生活にも慣れてくると、気になるのが習い事のこと。この年齢から始められるオススメの習い事を今回はピックアップ。園では経験できないお稽古、園の延長にあるお稽古など、色々な習い事をご紹介します。

 

運動系の習い事は男女問わず人気♪

スイミングはいつの時代も人気ナンバーワン

スイミングは男女を問わず運動系の習い事としてダントツの人気。小学校に入るとプールは必修科目ということもありますが、スイミングは全身運動ですので全身の筋肉が鍛えられる、それと同時にほぐす効果もあります。呼吸を学ぶことによって循環器が鍛えられますので喘息に効果があることでも知られており、親が習わせたい習い事では必ずといっていいほど上位にランクインしています。

最近は女の子にも人気のサッカー教室

なでしこジャパンの活躍もあって、男の子だけではなく女の子にも人気のサッカー教室。サッカー教室はクラブチームが主流ではありますが、中には幼稚園でオプションとして習える園も。保育時間の後、そのまま教室が始まる場合もあってママにとってもありがたい習い事です。サッカーは何と言っても仲間意識が学べる点が人気。スポーツとして楽しいだけでなく、人間関係の形成にも役立つと評判です。

 

バレエ・ヒップホップ・チアなどは入る教室をよく吟味して

ダンス系の習い事は特に女の子に大人気。可愛い衣装を着て踊る姿はパパ・ママにとっても楽しみですよね。ですが、ここで注意したいのがお教室の選び方。お子さんが発表会に出たいのに、発表会のない教室に入ってしまった、逆にダンスの種類によっては一度の発表会に10万円近くかかってしまい、家計の負担になってしまったという声が聞かれました。入る前に体験レッスンなどを受講し、お子さんや親の希望に合う教室を見つけてくださいね。

 

武道系の習い事は道場によって特色があります

例えば、小さなお子さんでも比較的入門しやすい空手を例に挙げてみると、伝統派と呼ばれる型がメインで寸止め(直接相手への打撃がない)ものと、フルコンタクト派という組手(実際に打ち合う)を重視した流派に分かれています。痛いのが苦手なお子さんは伝統派のほうが良いですし、実際に打ち合ってみたいお子さんにはフルコンタクト派がオススメです。このように、武道系はその多くが長い間日本で培われてきたものが多く、その歴史の中で様々な流派などが存在しています。同じ剣道・合気道・柔道でも流派や教室によって教え方や考え方が全く異なりますので、武道系の習い事を考えているパパ・ママも何個か体験教室に通い、お子さんに合う道場を見つけましょう。

体操教室(運動教室)で小さな頃から体幹トレーニングを

ここで言う体操教室とは、跳び箱や鉄棒などを習える教室、もしくはバランスボールなどを使用した体幹トレーニングを重視しているお教室の事です。運動を通して体幹を鍛えることは、大きくなってからどんなスポーツをするにしてもスムーズに行う力をつけることができます。スポーツ経験のあるパパ・ママに最近注目されている習い事です。

 

3・4歳のお子さんを持つパパ・ママに人気のある学習系習い事

学習系習い事で一番人気があるのは英語教室

学習系の習い事といえば英語!と思いつく方が多いと思います。そのぐらい英語教室は人気があります。3・4歳のお子さんを対象とした英会話教室は大手から個人のところまで、基本的に歌や手遊びなどを通して英語に触れる、会話重視のレッスンが多いようです。長く通うつもりなら小学生まで通える教室を通う、幼稚園時代のみと考えている場合は地域の英会話サークルもおすすめです。

幼児教室は幼稚園・保育園との教育内容と離れすぎないものを

こちらも園がオプションとして実施している場合があったり、大手の幼児教室も多数ありますので一度は体験したことがあるお子さんも多いかもしれません。小学校入学に向けて、スムーズに自分の意思を伝えたり、考え方、感じ方をまとめる力をつける幼児教室。幼児教室を選ぶ場合は、通っている幼稚園・保育園と教育方針が近いほうがお子さんも混乱しません。

 

書道は親が通わせたい習い事として再注目されています

キレイな字を書くことはお子さんが大人になってからも財産となります。書道はキレイな文字が書けるようになるだけでなく、正しい書き順、正しい姿勢などが身に着き、集中力もつくと言われています。また、長く続けていると心が穏やかになったというママの声もありました。小学校だけでなく中学や一部高校でも書道の時間があるとおり、教育現場でも書道は重視されています。

 

ピアノ・バイオリンなどの音楽教室は女の子に人気

ピアノやバイオリンなどの教室は3歳から通えるところが多いようです。どちらも小学生になってから直接的に学校で役立つものではないかもしれませんが、情操教育に良いだけではなく、目・指・耳・足を同時に使うことが脳の発達に良い影響を与える、努力が身に着くなど音楽を習うメリットはたくさんあります。女の子は発表会のドレス姿に憧れて始める場合も多いようですが、格好から入ったとしても続ける努力ができれば嬉しいですよね。

 

お子さんの興味を伸ばす習い事をご紹介♪

絵画教室・造形教室はお絵かきの好きなお子さんにとって夢の習い事

お子さんの感性を伸ばすという意味では絵画や造形などの芸術系の教室はいかがでしょうか。お絵かきが好き、何か作るのが好きなお子さんに、より楽しく芸術に触れる機会を与えることができますし、作品を通して自己表現をすることで、お子さんにとって自信も芽生えます。

 

日本に昔からある日本舞踊・和太鼓なども4歳頃から可能な場合も

意外に思われるかもしれませんが、日本舞踊・和太鼓なども幼稚園のお子さんを受け入れている教室があります。和太鼓は地域のサークル活動のようなグループや、発表会に出演する本格的なものまで様々。また、日本舞踊は礼儀作法が身に着く、正しい姿勢や話し方も身に着きます。どちらも昔からある習い事ですので、地域の方に教室の情報などを聞いてみてもいいかもしれません。

 

お子さんに大人気のレゴはレゴ教室だけでなくプログラミング教室も♪

お子さんが大好きなレゴ。実はレゴ教室があるのをご存知でしょうか。現在全国に教室を拡大中ですが、レゴ教室ではレゴを使用し、問題解決能力の発達や考え方を学びます。また、レゴを使用したプログラミング教室もあり、そちらではプログラミングの基礎を小学生から学ぶことができますよ。

 

野外活動・アウトドア体験教室は単発で気軽に参加できる

最後に単発で参加できる教室を紹介します。主に夏場に開催されるアウトドアや野外活動の教室では、水遊び・バーベキューなどの自然と触れ合う体験が出来る他、少し大きくなると親と離れてキャンプなどが体験できる教室もあります。アウトドアが苦手だけど子どもには経験させていあげたいパパ・ママに人気の教室です。こういった単発の教室でお子さんの興味を伸ばしてみてもいいですよね。

まとめ

幼稚園・保育園に入園する3・4歳頃のお子さんは、自分の興味もそろそろ芽生えてくる頃。この時期に始める習い事は親の希望だけではなく、お子さんの希望も考慮した上で選びましょう。運動系・文科系どちらのお稽古もたくさんの種類や教室がありますので、その場で決めるのではなく、いくつかの教室を見学した上で入会することをオススメします。

The following two tabs change content below.
ナノマム編集部

ナノマム編集部

こんにちは!ナノマム編集部です。この記事はナノマム編集部が書きました。他にも気になる、知りたい情報などがあれば、お気軽にメッセージくださいね!お待ちしております!
ナノマム編集部

最新記事 by ナノマム編集部 (全て見る)

ナノマム弁当
ライカラ電子書籍
present
健康
お金
届出