良い材料を選び、丁寧に作る事で美味しさも満足度もUP!

産後過食とアイシングクッキー

私は長男が6〜8ヶ月の時に過食の不安を感じました。それまでは和食中心で程良くやれていたのですが、長男の母乳量が増え、一日の食事量は2倍以上になり、そして甘いものが食べたくてしょうがなくなりました。買い物へ行くと、菓子パン、お菓子、ジュース、ぷりん、ケーキなどを沢山買い込んで家事育児の合間に食べるのです。我慢すればする程、ある時爆発、全て食べてしまう。。後悔と自責の念。長男は完母でしたので、特に添加物、成分の分からないもの、砂糖の多さが気になっていました。
過食を繰り返すうちに、すぐに食べれるものがあるから食べてしまうのだ!と気づき半信半疑で簡単なお菓子を作るようになりました。良い材料を選ぶ、砂糖は白糖を黒糖にする、丁寧に作る事で美味しさも満足度も上がるんだ、と思いました。それに材料が分かるようになったので市販品も自然と選ぶものが変わりました。
お菓子を丁寧に作っていると、離乳食も思いを込めて作れるようになり、長男もよく食べてくれて目標としていた1歳ですんなり卒乳出来ました、そして過食も治まりました。

過食から簡単なお菓子作りをするようになったきっかけが、アイシングクッキーとの出会いです。

アイシングクッキーの土台となるクッキーは型抜きしやすく、とてもきれい、砂糖控えめでサクサク美味しいです、私のお気に入りのレシピの一つを公開します。ママの悩みは色々あります、子育て中の息抜きやチャレンジ、お子様との楽しい時間作りにぜひお役立て下さい。ママが楽しい毎日を過ごしていれば家族みんなが楽しいのですよ。

 

ママの為の時間割クッキーレシピ

★途中でママコールが入ったら❹の工程までは空気に触れないよう材料をラップで密閉すればOK

道具、材料を用意する

ボール2個、ホイッパー2本(1本はハンドミキサーの代用)、ヘラ、クッキングシート、綿棒、ルーラー5mm(無ければ5mmくらいの割り箸など)ハンドミキサー、クッキー型、ジップロック(冷凍可能なもの)クッキングスケール ※全て水分はしっかりと拭き取る事

 

材料を用意し下準備をする

食塩不使用バター70g、甜菜糖60g、全卵30g、薄力粉200g(約5cm丸型が30枚出来ます)

 

①バターを細かく切って、柔らかくしておく

 

②卵のカラザを取り除き、よく混ぜておく

 

③甜菜糖をふるう
※砂糖が粗いと溶けきらずにクッキーに残ります

 

④薄力粉をホイッパーでよく混ぜる
※ふるいでふるったのと同じ効果があります

 

作り方

❶バターをハンドミキサー又はホイッパーでマヨネーズ状になるまで混ぜる。
甜菜糖を加え、ボールに刃を擦るように混ぜる。
(ハンドミキサーはずっと中速で)

少し白っぽくなるまで混ぜる

 

❷全卵を2回に分けて加え、その都度なじむまでかき混ぜる。
混ぜたら刃についた生地を指で取る。
※ハンドミキサーは電源を抜き、指を切らないよう注意

 

❸ゴムベラに持ち替えて薄力粉を一気に入れる。

 

ボールを利き手でない手で回しながら、ゴムベラを①〜③は切るように、④は下からぐるりと返すように混ぜていく

たまにヘラでギュッギュッと上から押さえつけたりしながら写真のような、全体がそぼろ状になるまで混ぜる

 

❹混ざったら手でぎゅっ、ぎゅっと一まとめにしていく。少し捏ねても大丈夫。

 

艶が出て一まとまりになれば終了

 

★ここまで約25分★

 

❺好きな量に分割してジップロックに入れる。
袋の空気をよく抜いて、10分程置いておく。

 

❻ルーラー又は割り箸でジップロックの上から伸ばす、このとき空気を抜くように、袋にシワが寄らないように少しずつ伸ばす。

 

❼冷蔵庫で2時間以上寝かせる。

★この後型抜きか冷凍保存かに別れます

※冷蔵庫ならば2日、冷凍庫ならば3週間保存可能なので作り置きしておけば、型抜きから始められます

 

❽型抜きする。
冷凍保存からの場合、袋を切り10〜15分程置いてから型抜きします。型抜きの最中に柔らかくて千切れたり、抜きにくい時は、冷凍庫で少し冷やすと抜きやすくなります。

 

❾クッキングシートを引いた鉄板にクッキーを並べて、予熱180度のオーブンで12分焼きます。
オーブンによって焼き加減が違うので焼き色を見て時間を調整して下さい。

 

手で触れるようになったら、網で冷ますとよりサクサクになります。型抜きからはほとんど汚れる事もなく3歳頃からのお子さまと楽しんでいただけます、100円均一やお家にあるもので工夫して可愛いクッキーを作ってみて下さいね。

焼いたクッキーはしっかり冷まして、乾燥剤と密閉袋や缶などに入れて1週間を目安にお召し上がり下さい。

The following two tabs change content below.
essence ring 代表 クッキーアーティスト、アイシングクッキー講師 市川麻美
essence ring 代表 デコレーションクッキーアーティスト、アイシングクッキー講師(JSA) 主にアイシングクッキー、シュガークッキーを制作。心に響く芸術性のあるものが得意で目標としている世界。1人目出産後にアイシングクッキーを学び2人目妊娠中に自宅教室でレッスンを始める。出産後は自宅教室以外にも岐阜市近郊のショップやイベントでワークショップを開催。 「育児に合わせて自分と周りの人の夢を叶えて行く」を実践中。 現在は全レッスン休業中、お問い合わせは各SNSで受付ています。
essence ring 代表 クッキーアーティスト、アイシングクッキー講師 市川麻美

最新記事 by essence ring 代表 クッキーアーティスト、アイシングクッキー講師 市川麻美 (全て見る)