真夏のお出かけも快適に!ひんやりグッズ

多治見市で、5年ぶりに40度を超える気温を記録したり、多治見市と美濃市の最高気温が全国1、2位という酷暑になるなど、猛烈な暑さが続いていますね。体に熱がこもりやすく、まだ背が低いために地熱の影響を大人よりも受けてしまう赤ちゃんや小さな子どもたち。夏のレジャーは楽しいけれど、お子さんの熱中症には細心の注意を払う必要があります。今回は、赤ちゃん、お子さん、パパ・ママにそれぞれオススメしたい、酷暑を少しでも快適に過ごせるひんやりグッズをご紹介します。


小さな赤ちゃんにオススメのひんやりグッズ

赤ちゃんは大人と比べて体温調節がまだ上手ではなく、気温の変化に敏感。自分の意思を上手に伝えられない赤ちゃんは、暑さに不快感を覚えると泣いたりぐずったりすることもあり、パパ・ママも原因がわからず困ってしまうことも。ご家庭の中でも、外でも赤ちゃんの体温調節を助けてくれるひんやりグッズを使ってみませんか。

温湿度計で室内の気温・湿度管理を

ひんやりグッズではないのですが、赤ちゃんがいるご家庭にあると便利なのが温湿度計。危険度の目安をイラストで表したものもあり、とても便利です。室内の熱中症の危険度数などがわかりますので、ひんやりグッズを使う目安にもなりますよ。

ひんやりベビーまくら・敷きパッドはぜひ用意したいアイテム

赤ちゃんが熱を出してしまった時や、暑い日などは首回り、太もも、脇を冷やすことが体温調節には有効♪まだ小さな赤ちゃんには、長時間のアイスノンは逆に体温を奪いすぎてしまいますので、冷感素材を使用したベビーまくらがオススメです。ベビー布団の敷きパッドにも冷感素材を使用したものがありますので、一緒に使うとさらにひんやりと気持ち良さそうです。

あると便利なひんやり&あったかジェル付きベスト

数社から販売されているこちらの商品。温冷両方に使えるジェルをベストの首、脇の両方に入れることができる優れもの。赤ちゃんが発熱した場合にも使えますし、ジェルを取り外して普通のベストとしても使用可能。スナップボタンなどで調節して、長く使える商品も売られていますよ。

抱っこ紐を使うママ必見!抱っこ紐用保冷・保温シート

暑い季節の抱っこ紐は、パパ・ママも赤ちゃんも汗だくになってしまいます。抱っこ紐の中では熱が放出されづらく、赤ちゃんの熱中症の原因になってしまうこともあります。このシートに入れられているジェルは、暖めて保温剤にもなり、冬の寒い季節にも活躍しそうです。

ベビーカー&チャイルドシート保冷・保温シートで熱中症対策を

ベビーカーの内部は地熱の影響を受けるため、気温+3度以上になることも。35度を超える猛暑日には、40度以上になることもあり毎年多くの赤ちゃんがベビーカー内で熱中症になり救急搬送されています。長時間ベビーカーに乗せない、こまめに水分補給するなどの対策とともに、保冷シートで少しでもベビーカー内の温度を下げるように気を付けましょう。特に、UVカットや虫よけのためにネットを取り付けている場合は注意が必要です。


幼児にオススメのひんやりグッズ

動きが活発になる1歳~の幼児は、ねんねの多い赤ちゃんとは違った対策が必要です。子ども向けに発売されているひんやりグッズの中から、ママ達の評判が良いオススメのものをご紹介します。

ひんやりインナーは幼児の鉄板グッズ

衣料メーカーから毎年発売されるひんやりインナー。ひんやりインナーを着ることで、Tシャツを直接肌に着用した場合よりも、汗や湿気の不快感などが軽減されます。汗を吸収してベタベタしない、湿気がこもらないなど、各社で特徴がありますので、比較してみてくださいね。ひんやりインナーはパパやママにもオススメです!

最近注目の保冷剤つきorクールビット帽子

元気に遊びまわるお子さんに、帽子は必須アイテム。その中でも、保冷剤が入れられるもの、水に浸して軽く絞るだけでひんやりするクールビット帽子は最近人気の商品です。保冷剤の効果が5時間程度なのに対し、クールビット帽子は水に浸すことで何度も効果を得られますので、長時間のお出かけにはピッタリ!

使い方は無限大!ハッカ油

最近注目されている「ハッカ油」。お風呂に数滴たらすとお風呂上りもさっぱりします。ハッカ油を使ったハッカ油スプレーの効果にも注目!虫よけスプレーとしてお肌に直接スプレーしたり、網戸に吹き付ければ室内への虫の侵入予防にも。消臭、殺菌作用があるのでお掃除にも使えます。暑い時にお肌にスプレーすれば、冷たさを感じる細胞が活性化され、とても涼しく感じます。市販品と違って余分な成分が入っていませんので、試してみてくださいね。

夏のレジャーに使える瞬間冷却剤

瞬間冷却材は、袋をたたいて中の薬剤を反応させることで0度前後まで急冷される優れもの。BBQや川や海など、1日を通してお出かけする場合にバッグに忍ばせておきたいアイテムです。お子さんの体温が上がってしまった場合に、首、脇、太ももを冷やしてあげることで体温を下げる効果が期待できます。瞬間冷却材は、遊んでいて捻挫をしてしまった場合の応急処置にも使えたり、食品や食材の冷却にも使用可能です。使った後は、冷凍庫に保存し、蓄冷剤として再利用してくださいね。


パパ・ママにオススメのひんやりグッズ

お子さんと一緒に過ごすパパ・ママもひんやりグッズを上手に活用して熱中症予防などに役立ててくださいね。幼児でご紹介したグッズはパパ・ママにも使えるものが多くありますが、ここでは大人向けの商品をご紹介します♪

ひんやり成分の入った日焼け止めは一石二鳥の商品

日焼け止めの中にはひんやりする成分の入ったものが販売されています。体感でマイナス5度を実現しているという商品もあり、塗った後も30分~1時間程度ひんやりが続く優れもの。ハッカ油と同じで体の中ではなく、表面のみがひんやりしますので、涼しくてもこまめな水分補給を忘れないようにしてくださいね。

冷感タオル・ネッククーラーで首元ひんやり

熱がこもる首回りに使いたいのが冷感タオルやネッククーラー。どちらも水を含ませて絞って使います。UVカットされているもの、効果が長時間持続するものなど、様々な種類がありますよ。遊んで体温が上がってしまった、日陰で涼むときにより涼しくしてあげたい場合など、お子さんにも使えますので、ご家庭に1つあるといいかもしれませんね。

ひんやり衣類はラインナップも豊富です

パパのワイシャツやスーツ、ママのワンピースやアームカバー、ストッキングなど年々進化するひんやり衣料。最近では100均や300均でも手に入る小物もあり、取り入れやすいのもポイント。中でも3COINSで販売されている福助のクールメッシュストッキングは、コスパもよく、働くママの強い味方です♪


まとめ

夏に大活躍するひんやりグッズたち。ねんねが多い赤ちゃんは、過ごす時間の多い布団やベビーカーなどを重点的に過ごしやすくしてあげるのがポイント。少し大きくなって活発になると、身に着けるインナーや小物にひんやりグッズを取り入れてあげてくださいね。外で遊ぶ機会も増えますので、いざという時に役立つグッズも何個か用意しておくと安心です。ついつい自分のことは後回しになってしまうパパ・ママもこの機会にぜひ取り入れてはいかがでしょうか。

 

 

 

The following two tabs change content below.
ナノマム編集部

ナノマム編集部

こんにちは!ナノマム編集部です。この記事はナノマム編集部が書きました。他にも気になる、知りたい情報などがあれば、お気軽にメッセージくださいね!お待ちしております!
ナノマム弁当
ライカラ電子書籍
present
健康
お金
届出